tonica北九州建築展2016開催いたしました!


016年2月19日、20日、21日の三日間、 北九州市小倉北区室町のリバーウォークに隣接している 西日本工業大学小倉キャンパスにて トニカ建築展2016 を開催いたしました。

初日の19日、学生講評を行いました。

グループを前半後半に分け、各2回ずつ クリティーク講評の練習も兼ねて 2分30秒のプレゼンを行いました。 そして、昨年も実施した学生間で それぞれの作品に対する講評をカードに記入し、 集計後出展者にお渡ししました。

20日、クリティーク講評を行いました。

クリティークには、 佐々木翔さん(INTERMEDIA一級建築士事務所) 瀨川翠さん(studio tokyo west) 原田真宏さん(MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO)

前田圭介さん(UID一級建築士事務所) コーディネーターには 平瀬有人さん(yHa architects 佐賀大学大学院准教授) をお呼びし、講評していただきました。

最初に開会式を行い、先生方の活動紹介を していただきました。

その後、一次審査を行いました。 tonicaの建築展の特徴として、 1分プレゼンはそのままに、 プレゼンのあと2分30秒の質疑の時間をとり、 残り5分のフリータイムを設けました。

一次審査から当初5名最終審査に上がる予定でしたが 審査の結果6名が最終審査に進出しました。 進出者は 九州産業大学 4年 富永美彩子さん 九州工業大学 4年 木村圭佑さん 九州大学 4年 國清尚之さん 九州産業大学 4年 元村文春さん 九州産業大学 4年 美藤和也さん 北九州市立大学 4年 上田健陽さん 以上の6名です。

5分間のプレゼンと、クリティークによる 質疑応答を行いました。

その結果、 最優秀賞 元村文春さん 『金魚の水荘〜街を彩る金魚屋さん〜』

優秀賞 富永美彩子さん 『漂う記憶ー商店街の更新と人々の中に活きるかおりー』

美藤和也さん 『はじまりを辿る』

なお、特別新人賞には 西日本工業大学 2年 吉田郁乃さん 『思茶箱』 が選ばれました。

おめでとうございます。

クリティークの皆様、出展者様、協賛いただきました企業の皆様 建築展に携わっていただいた方々がいなければ この建築展は成功しませんでした。 この場をお借りしてお礼申し上げます。

今回のテーマ、『繋ぐ』。

今年は9大学が参加するという 例年より多くの出展者が集まりました。 tonica発足時を知るメンバーがいなくなり 新しい世代へと交代した今、 北九州の建築がさらなる発展することを期待して この建築展のまとめとさせていただきます。

文章:河原


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事